スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
深夜食堂 安倍夜郎
書店の店頭で見かけて、ジャケ買いしました。ジャケ買いのオトナ買いです。大人になって本当に良かったなぁって、しみじみ思いますね、こういうとき。

最近のコミックスはどこの書店でもたいていビニ本状態になっていて、買わないと中身がわかりません。でも私はオトナなので、コミックスくらいなら迷わず買えちゃいます。とっとと買って自分のものにしてしまえば、あとは焦らずのんびり読んで、納得できれば手元に置けば良いし、一度見て気が済めば売っちゃえばいいんで。

ただ、それを本当に感情の赴くままに全てやっていては、いくらお小遣いがあっても足りないし、家計を逼迫しかねません。なので、ジャケ買いのオトナ買いをする前に、一旦は買わずに帰って頭を冷やし、ちょっとだけ時間を置きました。それで冷静になって良く良く考えて、それでやっと購入に至った、というわけです。

繁華街の片隅にひっそり暖簾を出している店が舞台です。営業時間は深夜12時から朝の7時まで、メニューは豚汁定食にビール、酒、焼酎のみ。お酒は1人3杯までです。「あとは勝手に注文してくれりゃあ、できるもんなら作るよ」このセリフを見て、某きむたく氏主演の検事ドラマで、主人公とヒロインはどーでも良いけど脇を固めていた大勢のの面白い役者さんの中の一人、田中BoBA要次さん演ずるところの何でも作れるバーのバーテンダー「あるよ」氏を思い出しました。彼が見たいただそれだけのために、私たちにしては珍しく、いろいろ我慢しながらビデオにとってまであのドラマを見ていましたので。

話を戻しましょう。こちらのご主人は、BoBAさんにも似ていますが、宮部みゆきさんの時代物「初ものがたり」に出てくる稲荷寿司屋台の親父にもどことなくイメージがかぶります。「あるよ」といって出てくる料理は、もちろんもっとちゃんとした料理的なものもありますが、赤いたこさんウインナーにおかかをのせた猫まんま、インスタントラーメンやバターライスなんていう、それは料理か?! 的なものが多いです。魚肉ソーセージに至っては、そのまま箸立てに5~6本ざっくりとさしたままで出てきます。なのにどれもこれもが懐かしく、しかも美味しそうなんだから困っちゃう。

こんな時間に飲み食いしたら体に悪いのはわかっているけど、真夜中にぽっかり空いてしまったお腹と、ちょっぴり寂しい心を抱えて、ふらっと寄れるこんな店がもしもあったら。そこには、生まれ育ちも仕事も年齢も異なる、それ以外には全く接点のない人たちが、たまたま同じ時間に同じ場所に居合わせたというだけで、昔からの友達みたいにその緩やかな空気に浸りながら一緒の時を過ごせる。これは大人の童話なんです。見なくて良いもの知らなくて良いことばかり身に染み付いてすっかり汚れちまった大人が、こんなものがあって欲しいと憧れる、ニュートラルな夢なのかもしれません。

シンプルで技巧を感じさせない線画も味があります。一見ヘタな絵(失礼、でも褒めてるつもりです)に見えるのに、ちゃんと表情があって、雰囲気もつかんでいて、不思議な画風です。劇的な展開は余りありませんが、人情話にホロリときたり、思わずクスリとさせられたり。クリスマスにみんなでカニを喰う話は秀逸でした。加えて、案外装丁にこっているのも面白いです。

他のグルメ漫画とは違って、派手なご馳走も参考になるレシピもあまり出てきませんが、夜中にもかかわらず何か作って食べたくなること請け合いです。もし私がここに行ったら、何を注文するかな? やっぱツナ缶かな。マヨネーズありますか? って言って1kgのチューブごと貰って、竜っちゃんや小寿々さん、まゆみちゃんや忠さん、北さん島ちゃんなんかがあっけに取られて見ている中で、にゅるにゅるにゅる...って山盛りかけて食べるかも。
[2009/05/23 04:45 ] | 人生で大切なことはみんな漫画で教わった | コメント(1) | トラックバック(0)
<<おうちカフェプロジェクト始めました | ホーム | 暑い>>
コメント
グルメ漫画
bettyさんの解説抜群です!シチュエーションが良いですね。すごくイメージできました。アマゾン見たら「孤独のグルメ」も面白そう。
[2009/05/24 20:29]| URL | jackegai #wd/vSK7I [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。