スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
虚空の旅人
20090219232141
守り人シリーズは4冊目に突入、文庫化に追い付いちゃったね。面白いヨー、これは長編ぽいけど多分読めると思う。久し振りにMOSってます。
[2009/02/19 23:21 ] | うまうま | コメント(3) | トラックバック(0)
<<十勝コロッケバーガー | ホーム | グーグーだって猫である 大島弓子>>
コメント
面白そうですね。
原作はまだ読んでいませんが、
「精霊の守り人」はNHKで以前放送されたアニメの
DVDを借りて観ました。
料理や器に至るまで背景に細かな設定がされていたり、
光の当たる角度が時間によって違ったり、
派手さはないけどとても丁寧で美しいアニメでした。

バルサのような逞しい女性には憧れます。
[2009/02/21 19:02]| URL | #H6hNXAII [ 編集 ]
コメントありがとうです♪
守り人シリーズは、読書好きな旦那が見つけてきて、薦めてくれました。元は児童文学だそうです。
児童書→新書→文庫 の形で出版され、全10冊で完結しているようです。うちは文庫版を、それも古本屋で買っているので、先日やっと4冊目を手に入れたところです。
ものすごく読みやすくてグイグイ読めました。読みながら、頭の中に情景がぐあーって広がる感じでしたよ。
アニメDVDも、宅配レンタルのウィッシュリストに入れたので、近々見られると思います。
サイトを見てみたら、花さんも挙げておられた料理に関するページがあったので、作り手側にとってもこだわりポイントのようですね。確かに、原作を読んでいても、美味しそうなシーンが何度も出てきました。

うんうん!バルサカッコイイです。バルサにしてもチャグムにしても、一風変わった主人公の設定だなって思いましたが、ウィキペディアによると、「このシリーズの着想を得たきっかけは、洋画の予告編で見た、爆発炎上するバスからおばさんが男の子を抱いて逃げるシーン」だそうですよ。逆算すると約10年かそれより前くらいの頃。何の映画だったんでしょうね? samuraiさんなら心当たりあるでしょうか?
[2009/02/21 22:40]| URL | betty #m2U2Ms6E [ 編集 ]
samuraiさんに聞いてみたけど、そのバスのシーンは思い当たらないみたいでした。でも、中年の女性が男の子を守る映画で有名なのは、「グロリア」というのがあります。もう30年近く前の映画なんですが、10年位前にリメイクされてます。
オリジナルの「グロリア」をずいぶん前に観ましたが、主役のおばさん(ジーナ・ローランズ)カッコよかったなぁ。とても印象深い映画でした。
[2009/02/24 01:18]| URL | #H6hNXAII [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。