FC2ブログ
くるねこ くるねこ大和
 ブログ本です。商業デザイナーの方の猫にまみれた日常を、素朴なタッチのイラストと写真+テキストで綴るブログの、書籍化されたものです。

 ネットの海を漂っていてそのブログを偶然見つけ、おもしろくて過去ログまでさかのぼって全部見て、笑ったり泣いたり和んだりしてました。でも書籍化したときは、買う気はこれっぽちもなかったんです(失礼)。何でかっていうと、いつでもブログは見られるから。
 なのに何で買っちゃったかというと、私は月に1度実家のトウちゃんのところに遊びに行ってるんですが、その帰りの汽車の中で何か読む本がないかなと書店をうろついていたときに、目に留まっちゃったんですよね。で、買って読んだら案の定ハマった、というわけです。

 やはり、モニタで見るのと本で見るのとは感じが変わりますね、どちらもそれぞれ良いです。書籍化に当たって、加筆修正したり、構成を変えたりしてあって、両方を見比べてみると、なるほどなって感じです。紙で見るのに向く構成や切り口と、web向けのそれとは、微妙に違いますから。書き下ろしのイラストもたくさんあります。
 読んでいても、何となく、マンガって感じがしないんですけど、やっぱマンガなんでしょうね。行間、というかコマ間を読ませる作りの、エッセイ漫画って感じでしょうか。同じコマを続けて何枚も並べる表現が良く出てきます。好き嫌いありそうですが、私は結構好きです。

 装丁は白っぽくて、ものすごくツカの出るふわふわした紙で作ってあるのを見て思わずニヤリ(業界人的?)。かさばる本です。というのはまあ冗談ですが、装丁もやはりご本人がされているようで、明朝系で級数のデカイ題字もイメージぴったりだし、帯の陰に誰かが隠れているのも、見つける楽しみがあります。

 好きなエピソードは、くるさんが高校生の時に死んでしまったにゃんの話と、ぴょいーん氏の一連の話です。ブログ公開当時は細かくは触れられていなかった(描けなかったんでしょう)もんさんがFIPで大変だったときの話とか、猫飼いならわかるわかるって話がいっぱいです。そんなつもりなかったのに、結構泣かされました。くやしい。
[2009/01/22 01:00 ] | 人生で大切なことはみんな漫画で教わった | コメント(0) | トラックバック(0)
<<カロリーと最安値 | ホーム | ヤバイヤバイ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |