スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「いい子なんですよ」
 すぐ近所に、私の部下である20代半ばの男の子が住んでいまして、出勤途中や休日にたまに出くわすことがあります。プライベートの時に上司の顔なんか見たくないでしょうから、私が先に気がついたらなるべく顔を合わさないようにしたりしています。
 先日、ダーリンと近所のスーパーに行った時のこと。彼が彼女連れで買い物に来ているのを見かけました。これは多分出くわしたら向こうは相当気まずいだろうなーと思う一方で、一体どんな子だろうと興味も津々…。
 出くわさないようにしながら観察(悪趣味!)すると、おや、なかなか可愛い子じゃないですか。そして可笑しかったのが、いつもは癒し系というか、社内ではふわーんとした雰囲気のポジションにいる子なのに、彼女と一緒だと顔つきが妙に男っぽいことですね。
 彼らより先に会計を済ませ、無事に見つからずに帰路に着きました。

 そして翌日オフィスにて。「見たよ」と言うと、「えー! どこでですか!?」なんて真っ赤になって照れてます、可愛いね。
 「可愛い子じゃないの」とちょっと冷やかし気味に言ったところ、ちょっと意外な答えが返ってきました。
 「ええ、いい子なんですよ」にっこりしつつも、口調はしみじみとしています。
 もっと通り一遍の、「ありがとうございます」とかその程度の答えを想像していたので、正直ビックリです。
 若い男の子が、自分の彼女のことをそう言えるということが何となく新鮮で、おかあさんはとても嬉しくなってしまったのでした。こうやって、いい男は育っていくんですね、きっと。
[2006/04/02 18:34 ] | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<メイドちゃん | ホーム | ピース天火を使ってみた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。